世界最大のダイヤモンド研磨地インドムンバイにて

ダイヤモンドを買付け、

”素敵に年齢を重ねた40代のあなた”に

買って後悔しない、失敗しない

ダイヤモンドジュエリーをお届けする

ダイヤモンドの専門家

株式会社シンセリティの山本正彦です!

 

 

今日は、素敵なエピソードをご紹介させていただきます。

私の知り合いから素敵なお話しを聞かせていただいたので、あなたにも聞いてほしくて今日はブログに書いてみます。

私が1ctのダイヤを買った理由

1ctのダイヤモンドを私が20歳の時に買おうと思ったときの話なんだけどね。

私のおばあちゃんが、若い頃からジュエリーの好きな人でね。

よくおじいちゃんに指輪とかネックレス買ってもらってたの。

小さい頃に夏休みとか遊びに行くと、ダイヤモンド、ルビー、サファイアとか、いっぱいいつも見せてもらっていて、身に付けさせてもらって、鏡の前で綺麗だねーなんて話をよくしてたんだよ。

そんな感じで、小さい頃からジュエリーの魅力を感じていて。

10代の頃は本物なんて買えないから、イミテーションの指輪とかネックレスしてたんだけど、働くようになったら絶対本物買うって思ってたの。

そしてやっぱりダイヤモンドが私は1番好きだったから、一生持ち続けられるものが欲しいなと思って、1ctのダイヤモンドを買うって決めてたんだよ。

それで、就職して1年目のある日ジュエリーショップに立ち寄ったら、自分でも買えそうな値段のネックレスを見つけて。

ちょっと高かったけど、すごく照りが良くて綺麗で。

カーボンが入っているのは買わないと決めていたんだけど、それはなかったの。

ただ少し目立つクラックは入ってたかな。

でも、キラキラしてすごく綺麗だったの。

一目惚れした感じ。

20歳の私には躊躇する金額だったけど、これを励みに仕事頑張ろうって思って買ったの。

だけどね、身に付けて外に出ると、20歳でその大きさのネックレスしていても、本物に見えなかったみたい。

それが悔しくて。

まだまだ自分は、1ctのダイヤモンドより格下なんだなって(笑)

いつかこの大きさのダイヤモンドが似合う女性になるんだって、その時思ったの。

そう思いながら、自分を磨こうって歳を重ねてきた感じかな。

だけど36歳の時に自分の夢を叶えるためにお金が必要で、このダイヤモンドは売っちゃったのは知ってるよね?

この1ctのダイヤモンドを手放す時は本当に悲しかったよ。

だから、次は、もっといい1ctのダイヤモンドを買えるように頑張るね。

———————————————————————–

こんなお話しを聞かせていただきました。

あなたも今、身に着けているジュエリーを買おうと思ったきっかけになるエピソードがありますよね。

映画の中のあの女優が身に着けてたダイヤモンドに憧れて・・・とか

ぜひ、私に教えていただけませんか・・・

ジュエリーを買おうと思っていてもなかなか一歩踏み出せない人がいるのも事実です。

そんな人たちの背中をそっと押して上げれるきっかけになるかもしれません。

ぜひともご協力いただけませんか・・・

下記の「お問い合わせはこちら」からお送りいただけましたら幸いです。

追伸:

あなたの未来を明るく出来るようなダイヤモンドジュエリーをメルマガ読者様限定でご案内しています。

ご登録は2分で完了します。

ご登録は今すぐ
↓↓こちらのバナーをクリックすると登録フォームが表示されます↓↓

ヘッダー

やっと、ブログ村のポイントが反映されるようになりました。

今日は、何位になってるか確認の「ポチッ」をお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村

 

宝石・ジュエリーに関してのお問い合わせはこちら