世界最大のダイヤモンド研磨地インドムンバイにて

ダイヤモンドを買付け、

”素敵に年齢を重ねた40代のあなた”に

買って後悔しない、失敗しない

ダイヤモンドジュエリーをお届けする

ダイヤモンドの専門家

株式会社シンセリティの山本正彦です!

 

「他の人が持てないような大粒のカラーダイヤモンドが欲しい!!」

こんな欲望にあなたは駆られたことがありませんか?

今日は、大変希少性の高い大粒のカラーダイヤモンドをご紹介させていただきます。

もし、このダイヤモンドをあなたが身に着けたら、今のようなあなたの欲望は満たされることと思います。

大変希少なカラーダイヤのご紹介

ダイヤモンドは、無色透明なものから淡い黄色身や茶色身を帯びたものまで幅広く産出されます。

しかし、ごくまれに大変色の濃いカラーダイヤモンドが産出されるケースがあります。

有名な所では、ピンクダイヤ、ブルーダイヤなどが有名です。

しかし、今日ご紹介するのは、グレーがかったグリーンが非常に濃いファンシーグレーグリーンダイヤになります。

カラーダイヤモンドは、特別に色の濃いものを、ファンシーという称号をつけて、一般のダイヤモンドとは別物の特別な扱いをします。

そのため、一般のダイヤモンドにはカットグレードが表記されますが、ファンシーカラーダイヤモンドに関してはカット表記がされません。

これはどういうことかというと、ファンシーカラーのダイヤモンドは非常に希少性が高いため、カットプロポーションを良くしてダイヤモンドをより輝かせるよりも、少しでも大きく重たいカラーダイヤモンドを残すことの方が貴重だからです。

本日ご紹介のダイヤモンドは、大きさも1.422カラットあります。

直径で7ミリ以上ある大変大粒のダイヤモンドです。

世界中の女性が憧れる「1カラット」のダイヤモンドが約6.5mm前後です。

それよりも0.5mm以上大きい、迫力満点の大きさです。

周りの人があまりの迫力に、目ん玉を丸くして、あなたの胸元を凝視してしまうのではないでしょうか・・・

クラリティはI1クラスです。

I1クラスとは、専門の鑑定士が肉眼で内包物を確認できる程度の品質になります。

しかし、I1クラスというのは、非常に幅の広いクラリティになります。

一つ上のSIクラスに近いI1クラスと、一つ下のI2クラスに近いI1クラスでは品質にかなりの差が出ます。

こちらが、I2クラスに近いI1クラスのダイヤの写真になります。

初めの商品紹介の写真と比べていただいて分かると思いますが、今回ご紹介のダイヤモンドは、内包物はほとんど肉眼では見えません。

カメラであれだけ寄って、写真を撮ってますが、あなたは内包物を確認できていますでしょうか?

ダイヤモンドの表面が、少し暗いのはカメラが映り込んでしまっているためです。

私のカメラ技術が低くで申し訳ございません。

枠とチェーンには、高級貴金属プラチナをしっかりと使用しています。

デザインは、ティファニーさんや、カルティエさんでも大変人気のある「ふせ込み」タイプを採用しました。

「ふせ込」タイプはダイヤモンドをさらに大きく見せる効果があるので、1.422カラット以上の大きさに見えるのではないでしょうか・・・

鑑定書は、中央宝石研究所が発行した鑑定書をお付けしてお届けさせて頂きます。

もし、あなたがこちらのダイヤモンドにご興味ございましたら、こちらのAMAZONさんのサイトより詳細をご確認していただくことが可能です。

詳細はこちら

当然ながら、二つとして同じものを用意することはできないので、お一人様限りのご案内となっています。

追伸:

このような珍しいカラーダイヤモンドなど無料のメルマガで、アマゾンさんの価格を無視した卸価格そのままにご紹介させていただいております。

もし、あなたがカラーダイヤモンドなどにご興味ございましたらメルマガのご登録がおすすめです

つまらなければ、すぐに解除もできますしね。

ご登録は2分で完了します。

ご登録は今すぐ
↓↓こちらのバナーをクリックすると登録フォームが表示されます↓↓

ヘッダー

やっと、ブログ村のポイントが反映されるようになりました。

今日は、何位になってるか確認の「ポチッ」をお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村

 

宝石・ジュエリーに関してのお問い合わせはこちら